ファイナンシャル・プランナーは英語の頭文字をとってFPと呼ばれます。
最近では目にしたり、耳にすることも増えてきたのではないでしょうか。

 「家計のホームドクター」とか「資産運用の専門家」とかいろいろ呼ばれています。資格を取るには試験があるのですが、(※「家計のホームドクター」はNPO法人日本FP協会の登録商標です。)
 試験の分野は「金融商品」「保険」「税金」「不動産」「年金」「ライフプラン」「相続・事業承継」など、大変幅広いです。

 私は普段から、「FPの知識は必要ですか」と聞かれたら、次のように答えています。
 「必要です。これは、自動車の運転免許みたいなものです。免許を持たずに公道に出たら、いつ事故にあってもおかしくありません。免許を持っていても事故は起こるのですから。
 同じようにFPの知識を持たずに世の中に出たら、いつお金のことに関して、損をしたり、だまされたり、失敗してもおかしくありません。知っていても失敗することはあるのですから。」

 しかし、勉強したから、資格を取ったからといって、すべての分野に関して、すぐに役に立つものではありません。
ましてや他の人に対してアドバイスをしてお金をいただけるものではありません。

 「FPってお金になりますか」と聞かれたら「その人次第です」と答えます。
「ラーメン屋って儲かりますか」と聞かれたらそう答えるのと同じように。

 ちょっと話はそれましたが、話をもどしますと、「FPの仕事は何ですか」と聞かれたら、私の場合、「ライフプラン(生活設計)を考えるにあたって、必要な情報は何か、その情報をどう使うかという知恵を提供し、現状の中から、変えなければならないことが見つかった場合、どのように変えていくかを一緒に考えていく仕事」

と答えます。なので、具体的にはまず、相談を受けるというところから始まります。
そこで、必要なことの一部が上記の知識ということになるわけです。

 しかし、正直言って最初FPの資格をとった時点では、当時の仕事であった不動産以外のことは、とても人様にアドバイスなんてできませんでした。同僚に所得税の仕組みを説明しようとして、しどろもどろになったことを今でも覚えています。

 その後、説明し、わからないことを勉強し、また説明し、勉強し、の繰り返しでしたが、やっぱり一番身に着くのは実際の問題に直面したときですね。
 それについては、生命保険を販売していたときの経験がものすごく私を成長させてくれました。上司から、「君は、サービス精神が旺盛すぎる」と言われる位、保険以外のこともいろいろ調べて、お客様にはずいぶん喜んでいただいたと自分では思っています。

 でもそれらはすべて「無料」でした。生命保険の販売が仕事でしたから、相談料はいただけなかったわけです。

 ですから、開業したての頃、電話がかかってきて「相談料はいくらですか」と聞かれて答える時、大変どきどきしました。
「1時間1万円です」「わかりました、また電話します」といわれたものの、結果的に相談を受けることになり、訪問し(私は基本的に訪問します)、2時間ほどやり取りした後、「よくわかりました。いくらですか」と聞かれ、「2時間ですから2万円です」と、またどきどきしながら答えた時に、「そんなに安くていいんですか。ありがとうございます」と言っていただいたのがFPを続ける自信となったと思います。

 実際の仕事としてはこのような相談業務のほかに、その後の提案書作成とか、一般向けやFP向けの研修会、講演会などの仕事も行っています。

 そして、生命保険と損害保険の販売も行っています。今はそれで生活をしているのではないので、
必要な方に、必要な分だけ、ご理解していただいたうえで加入していただいていると、特に営業することもなく、お客様には順番待ちしていただいています。


 







よくわかる.COM
本文へジャンプ
FPについて